Googleマイビジネスで
集客アップ

グルメサイトに変わる新しい集客サービス

飲食店を探す時、スマホからGoogleマップで「地域名+キーワード」検索する人が増えてきています。しかもスマホユーザーの80%は、検索したその日のうちに来店する傾向にあります(Googleによる調査)。Googleマイビジネスに正しい店舗情報を登録し、Googleマップ検索でのランキングを上げることが集客アップの第一歩です。

ネット上の情報を一元管理店舗情報を見つかりやすく

SNSなどネット上に存在する店舗情報は全てが正しいとは限らず、店舗名などの表記も統一されていません。ブレインは独自の技術によって店舗情報を一元管理し、ネット上の店舗情報を統一することに成功しました。統一された正しい店舗情報をGoogleマップはそれを信頼できる情報だと認識し、検索ランキングも上位表示されるようになります。

Googleマップ、Facebook、Baidu、Instagram、トリップアドバイザーなど26のSNS、地図サービスに対応しています。

売上データと連動して費用対効果がわかります

Googleマップからの来店数を独自に計測しています。POSレジの売上データと連動させることでマップ経由の売上状況が確認できます。費用対効果もひと目でわかります。

1POSデータからGoogleマップの売上高を算出

2ネット上の
口コミ評価が
確認できます

  • POSデータからGoogleマップの売上高を算出
  • ネット上の口コミ評価が確認できます

インバウンド対策外国人観光客への集客効果も

トリップアドバイザーやBaidouなど日本にやって来る外国人観光客によく利用されているSNSや地図サービスへの露出もできます。これらに正しく統一された情報を掲載するので外国人観光客への集客効果も抜群です。
2020年は世界中から観光客が日本にやってきますので今のうちに準備しましょう。

  • 外国人観光客がよく利用するトリップアドバイザーや
    Baidouに対応
  • 自動翻訳で
    店舗情報を登録
  • 2019年度訪日客数 3188万人

新しい「集客できるPOSレジ」を体験してみませんか?

まずはお気軽にご相談ください。

03-5843-0858平日 10:00 - 20:00